子どものサッカーを見て大事なのは好きな事とモチベーション

うちの息子2人は共にサッカーをやっています。
上は中学生でしたは小学生低学年。

最近低学年の次男がサッカーチームに入って、すでに中心選手として頑張ってます。

親から見ても一気に伸びたなーと思うのと、とにかくよく走るしボールを奪いに行きます。

その積極性がとってもいいなぁって見るたびに思います。

なぜ次男はサッカーの腕前が上がったのか?

最近入ったサッカーチームの親御さんによく聞かれることがあります。

『どんな練習をされているんですか?どうしたら積極性がでるんですか?』

ほとんどの親御さんに言われたんじゃないかなぁ。

でもハッキリ言って特別変わった技術練習だなんてやってませんし、そんなこと教えられません。

私自身はサッカーの素人ですから。

 

多分他のお子さんと次男の違いは一つです。

『どれだけサッカーが好きか?』

ココが実は大きなポイントなんです。これについては私も色々と後押ししたのは事実です。

次男も最初はただボールを蹴って楽しいって感覚でした。ほとんどのサッカー少年はこれがあると思います。

でもそれだけじゃ、練習を真剣にしないですし、何も言わないでもチームで一番走ったり当たったりはしないです。

好きよりもっと上の『好きでなおかつ自信がある』状態やその上の『好きで自信があって負けたくない』まで上げる必要があります。

 

次男は正直ボールの扱いが下手でした。それこそドリブルがどこに行くかわからないレベルに・・・。

ボールの扱いはすぐに上がりません。熟練する必要があったから。じゃあどうしたらいいか?

その答えが積極的なディフェンスで奪いに行くのと当たり負けない、また最後まで全力で走って追いかけるなんです。

これらはボールを扱えないでも直ぐにできますし、頑張ればできちゃいます。

 

最初はすぐに抜かれるけど、それでもチャレンジしたことをとにかく褒めてました。

コーチも積極的な姿勢を褒めてくれて、やっぱり子どもですから褒められると嬉しいんですよ。

調子に乗って(笑)頑張って追いかけ回すようになったんです。

そうしている内にミニゲームなんかで活躍することがあるんですね。相手がうまくても頑張ってプレッシャーを与えればミスはしますから。

そこから点につながると、子どもながらでも自信が生まれていくんです。

 

ポイントは親がチャレンジに対してすぐに褒めること。すぐに反応して上げて『ちゃんと見ている』『それに対して評価する』を繰り返すことなんですね。

失敗してもいいんです。それでいいよって言ってあげるのが大事だし、次はもっと早く行こうって励ますのも大事。

よく『もっと当たれ!!!』って自分の子どもを怒る親がいますが、低学年ではそれは逆効果です。

きちんと評価して褒めてあげて伸ばしていくと、子どもはサッカーが好きでしかも自信のあるプレーもある状態になるんですね。

ついでに足も早くなりましたし、体力も学校で一番ある子になりました。それくらい必死で追いかけてましたから。

 

こうなるとそこから後は結構順調に進んでいきました。

奪ったら運べないとダメだよねーって子供と話して、じゃあドリブルをもっと意識して頑張ろうかってことに。

せっかく奪ったのにまた少ししたら奪い返されたりしていたんですよね。

そしてドリブルが出来たら、シュート出来ないと点が入らないことに気づきます。

動いているボールのシュートは難しいですが、彼なりに真剣に練習してました。それが必要だっていうのを子どもながらにわかっているからなんです。

本当は最初から親のほうはわかっているんですが、そこまで待ちました。自分で失敗してからじゃあここが大事だねって話を一緒にする方が、その後の練習の真剣さが違います。

他のお子さんはただシュートの練習をしている感じ。それに対して次男は必要な時に出来なかった事を経験した上でシュート練習をしています。この時点で大きな差が生まれるんです。

 

ココまで来るとサッカーで他の子には負けたくないって感情も出てました。

自分が練習して頑張っているからこそ、勝ちたいという意識も出てきたんだと思います。

だから奪いに行くことも全力で走ることも彼にとっては頑張ることではなくて、当たり前のことなんです。それを教えるっていうのは非常に難しいなぁとつくづく思っていました。

 

好きこそものの上手なれという言葉がありますが、まさにこれが大事なこと。

だれでも嫌いなことを積極的に練習したり頑張ったりするのは難しいです。大人でもそうですから。

やっぱり好きになることが一番上達への近道です。

 

せっかく練習を見に行ったりするのであれば、できるだけ頑張ったことをリアルタイムで褒めてあげましょう。

頑張っている子どもたちを見て口に出して褒めてあげることで、彼らのモチベーションも上がります。

ちょっとしたことかもしれませんが、子どもたちにとっては嬉しい大きな出来事なんですよ。